トップページ | 第2号「どうなる美術館、どうする展覧会」 »

2003年1月25日 (土)

第1号「名古屋 発/名古屋 脱」  在庫なし

第1号

2003年1月25日発行 350円(本体価格)

在庫なし

○特集「名古屋 発/名古屋 脱」
・〈アンケート:15人への共通質問・個別質問、その回答〉
小西信之/三頭谷鷹史/山脇一夫/奈良美智/加藤好弘/長谷川繁/津田佳紀/庄司達/山田諭/北川智昭/平林薫/近藤正勝/設楽知昭/土崎正彦/滝顕治

○特集「地域からの論考」
・ローカルを反転させる発想-鷲見麿を例に 井上昇治
・芸術の政策構造-愛知芸術文化センターのプレゼンス 藤木周
・批評という表現 中村英樹

○批評
・不断の「きわ」-O JUNに関する一考察 山本さつき
・試論 対話する作品とは何か?~美術館所蔵作品にコミュニケートする現代美術~ 高橋綾子
・2002年秋の二つの国際フェスティヴァル-現代音楽作品の形態について思う 水野みか子
・テキストに従属しない演劇-滄波の「ハムレットマシーン」をめぐって- 安住恭子
・勝利する絵画-小川信治論 野村幸弘

○レビュー
・『ジャズとダンスとライトアート』、『有頂天時代突入』コンドルズ+ズンドルコ30 望月勝美
・『踊りに行くぜ!!』JCDN かわいみな
・『ベンチ日和』劇団ジャブジャブサーキット 安住恭子
・『インターネット時代の民話』サーデー・ターコス&カール・ストーン デュオ 藤井明子
・〈ドキュメント〉: 井上昇治
・栗本百合子展 石崎勝基
・石田尚志展 越後谷卓司
・伊藤存展 「逆跳び逆躍び」 原沢暁子
・三輪美津子「INAZAWA・現代・未来展5」より 金井直
・三隅摩里子「感覚浮遊-Floating of the Sense」 寺川和子
・第2回トリエンナーレ豊橋 星野眞吾賞展-明日の日本画を求めてー 野村幸弘
・加納光於 モノタイプ展 馬場駿吉
・大巻伸嗣展 「MUGEN」 竹葉丈
・林邦佳「玩具容展」 唐澤昌宏
・伊藤佳範展「彼岸の雪」 山本さつき
・カワムラヨウスケ「baum:」 藤木周
・2の若林奮展から 馬場駿吉

Rear01

|

トップページ | 第2号「どうなる美術館、どうする展覧会」 »

バックナンバー」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098922/47826253

この記事へのトラックバック一覧です: 第1号「名古屋 発/名古屋 脱」  在庫なし:

トップページ | 第2号「どうなる美術館、どうする展覧会」 »