« 第2号「どうなる美術館、どうする展覧会」 | トップページ | 第4号「論考集‐様々なジャンルから現在を見る」  在庫なし »

2003年7月25日 (金)

第3号「矛/盾 芸術に何ができるか?」

第3号

2003年7月25日発行 350円(本体価格)

在庫あり(2016年5月現在)

○特集「矛/盾 芸術に何ができるか?」
・芸術固有の戦力 中村英樹
・〈コラム〉:芸術家ナニガシと哲学者タレカレとの対話〈1〉 山本さつき
・なぜ「逆シミュレーション音楽」なのか? 三輪眞弘
・西村正幸インタビュー「ひっそりと発言すること」 高橋綾子
・2001年9月11日以降の映像表現にむけて -亀井、ゴダール、メカスを考察しつつ 越後谷卓司
・芸術における矛盾は空想である 海上宏美
・「記録の戦争」と「記憶の戦争」 津田佳紀
・水谷勇夫インタビュー「なぜ描くか・・・不条理と、創造の源泉について」 井上昇治
・〈コラム〉:芸術家ナニガシと哲学者タレカレとの対話〈2〉 山本さつき

○批評 
・スプーンを曲げるアラブの少女たち~シャージャー・ビエンナーレの山本高之 小西信之
・新作公演『泥人魚』から見た唐組の現在 馬場駿吉
・森化する襞、白化する森~戸谷成雄展 金井直

○レビュー
・〈舞台公演ドキュメント〉: かわいみな
・三つの国際音楽祭にみるコンテンポラリー音楽の空間提示形態 水野みか子
・プロジェクト・ナビ最終公演『青いインクとトランクと』 かわいみな
・哀しみに彩られた男女の愛『椰子の実を拾う』劇団人工子宮 望月勝美
・劇団クセックACT公演『ラ・セレスティーナ』 矢野透
・肉体の楽園『Sheep fucker’s exit ~殺しのコンツェルト』 安住恭子
・〈美術ドキュメント〉: 井上昇治
・Cloth-Behind・FORUM〈フォーラムの園〉庄司達展 安達一樹
・山本富章展 阿佐美淑子
・太郎知恵藏「ANDROMEDA」 都筑正敏
・星野暁展 井上隆生
・池田朗子展「サイト・サイト・サイト」 井上昇治
・小林耕平展 山本さつき
・試行する絵画の思考 第3回夢広場はるひ絵画ビエンナーレ 藤木周
・設楽知昭「EQUINOX」 山本さつき
・鷲見麿「dream a dream」展 馬場駿吉
・ソフィ・カル展 原沢暁子
・いくらきかく self-ism(展) 武藤隆


Rear03


|

« 第2号「どうなる美術館、どうする展覧会」 | トップページ | 第4号「論考集‐様々なジャンルから現在を見る」  在庫なし »

バックナンバー」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098922/47826208

この記事へのトラックバック一覧です: 第3号「矛/盾 芸術に何ができるか?」:

« 第2号「どうなる美術館、どうする展覧会」 | トップページ | 第4号「論考集‐様々なジャンルから現在を見る」  在庫なし »