« 第9号「愛知万博をアートで楽しむ」 | トップページ | 第11号「芸術と日常」  在庫なし »

2005年6月10日 (金)

第10号「オルタナティブって何だ」  在庫なし

第10号

2005年6月10日発行 350円(本体価格)

在庫なし

○特集「オルタナティブって何だ」
•BankARTから何を学ぶか 池田修/亀山よう子
•アートポートの過去とこれから 服部昌憲
•指定管理者制度とNPO「半・自立」へ 村田早苗
•ある作家が見たオルタナティブ 平松伸之
•〈アンケート〉:‐オルタナティブな活動への9つの質問
•(galleryアートフェチ/場所くろくふ/K.DJapon-空き地-/アートドラッグセンター/カノーヴァン/マルチプルチョイス)
•〈図表〉:名古屋のオルタナティブ
•ニューヨークのオルタナティブ・スペース 神谷幸江
•ヨーロッパのオルタナティブ・スペース 岡部あおみ
•アジアのオルタナティブ・スペースの現在 原久子
•〈ドキュメント〉:ICA,Nagoyaという場所 高橋綾子
•〈インタビュー〉:東谷隆司
•一九九〇年代以降の映像作家による上映活動について 越後谷卓司
•空間から見たオルタナティブなアートスペース 武藤隆
•本当に必要なオルタナティブ・スペースは眠っている 井上昇治

○(批評)
•竹田大助の謄写版モノタイプ「Kへのオマージュ」をめぐって 井上昇治
•スラッシュの位置に シンポジウム「工芸の現場」に参加して 冨田康子
•ロバート・モリス 鏡と目を隠すこと‐視線の消滅 拝戸雅彦

○(レビュー)
•自然をめぐる千年の旅 神谷浩
•「荒川修作を解読する」展の準備 岡田潔
•「HANGA 東西交流の波」展 山田諭
•アルテ・ポーヴェラ 貧しい芸術展 峯村敏明
•第4回夢広場 はるひ絵画ビエンナーレ/田中栄子/杉戸洋 山本さつき
•ミュージックシアター「Jodo~浄土」(日本初演) 星野学
•神舞KANMAIを踊る うらわまこと
•「恋人形」 宮田優子
•「青ひげ城の扉」 関口紘一
•流麻二果展 広元信幸
•松永久彦 視錐 日沖隆
•杉山健司展 原沢暁子
•染谷亜里可展 熊谷伊佐子
•杉浦梢 鎌田大資
•書のまち春日井 特別企画展「書」 井上昇治
•丹羽誠次郎展 石崎勝基
•日韓現代陶芸‐新世代の交感展 井上隆生
•横地洋司 森本悟郎
•家族の肖像‐分岐する世界と統合する意識‐ 高橋綾子
•加藤美佳展 増田千恵
•古井戸芳生展 馬場駿吉
•秋吉風人「不肖の息子」 北川智昭
•〈美術ドキュメント〉: 井上昇治


Rear10


|

« 第9号「愛知万博をアートで楽しむ」 | トップページ | 第11号「芸術と日常」  在庫なし »

バックナンバー」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098922/47826054

この記事へのトラックバック一覧です: 第10号「オルタナティブって何だ」  在庫なし:

« 第9号「愛知万博をアートで楽しむ」 | トップページ | 第11号「芸術と日常」  在庫なし »