« 第10号「オルタナティブって何だ」  在庫なし | トップページ | 第12号「アートにおける"アジア"」 »

2005年6月10日 (金)

第11号「芸術と日常」  在庫なし

第11号

2005年6月10日発行 350円(本体価格)

在庫なし

○特集「芸術と日常」
•〈インタビュー〉:李禹煥「現代美術と日常」 高橋綾子
•そしてバスは行く さらに新奇なる日常性アートに向けて 上田高弘
•〈インタビュー〉:中原浩大 能勢陽子
•日常を考える14の作品(河原温/長島有里枝/ソフィ・カル/大木裕之/折元立身/リチャード・ハミルトン/久野利博/鷲見麿/井田照一/今和次郎/藤浩志/熊谷守一/岸田劉生/ピーテル・ブリューゲル)
•「プライベート・ドキュメンタリー」のことばで括り得ないもの 越後谷卓司
•「プライベート・フォト」について 西村智弘
•芸術と日常をめぐることば(宮川淳/鶴見俊輔/ティェリー・ド・デューヴ/スーザン・ソンタグ/中島智/柳宗悦/中井正一/ジョン・ケージ/岡田隆彦/ウィリアム・モリス/宮沢賢治/島尾伸三/谷川俊太郎/グスタフ・シペート/ヨシダヨシエ/石子順造/クレメント・グリーンバーグ/ハロルド・ローゼンバーグ/榎倉康二/赤瀬川原平/イサム・ノグチ/岡本太郎/浅野弥衛/古橋悌二/平川典俊/高松次郎)
•〈キーワード〉:20世紀「芸術と日常」キーワード 山本さつき
•〈年表〉:「芸術と日常」関連展覧会年表 増田千恵

○(批評)
•第3回京畿道世界陶磁ビエンナーレ 報告 立松由美子
•ポップ・カルチャー化されたシェイクスピア 小林かおり
•【追悼】:水谷勇夫 吉田俊英
•ギャラリストの決断力と実行力 永見隆幸

○(レビュー)
•フィリップ・グラス シネマコンサート 水野みか子
•栗本百合子 拝戸雅彦
•アジアの潜在力 平野到
•ヤノベケンジ「キンダガルテン」展 五十嵐太郎
•遠藤利克「空洞説」 千葉成夫
•岡崎乾二郎VS松浦寿夫展 北谷正雄
•イメージフォーラム・フェスティバル2005 鎌田大資
•アジアの実験映像Part2 深津純子
•塩田千春展 加須屋明子
•小谷浩士展 石崎勝基
•古郡弘展 高満津子
•ドナータ・ピッツイ建築写真展 拝戸雅彦
•北京京劇院日本公演 増山賢治
•SPACE WALKING 寺川和子
•古川清展 日沖隆
•水谷イズル展 中村英樹
•池田朗子展 田中由紀子
•ギリシャ劇「エレクトラ3部作」 馬場駿吉
•小林亮介展 高橋綾子
•日野田崇「Mollusc Republic」展 不動美里


Rear11_2


|

« 第10号「オルタナティブって何だ」  在庫なし | トップページ | 第12号「アートにおける"アジア"」 »

バックナンバー」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098922/47826043

この記事へのトラックバック一覧です: 第11号「芸術と日常」  在庫なし:

« 第10号「オルタナティブって何だ」  在庫なし | トップページ | 第12号「アートにおける"アジア"」 »