« 第23号「アート/アニメーション」 | トップページ | 第25号「橋本平八に就て」「あいちトリエンナーレ2010について」 »

2010年8月 6日 (金)

第24号「I(ハート)あいちトリエンナーレ」  在庫なし

第24号 

2010年 8月6日 発行

450円(本体価格)

在庫なし

○特集:「I(ハート)あいちトリエンナーレ」
・〈インタビュー〉:拝戸雅彦/唐津絵理/笠木日南子/越後谷卓司  キュレーターが語るあいちトリエンナーレ2010
・都市で開催する国際展に期待すること。 五十嵐太郎
・〈インタビュー〉:長谷川祐子  国際展にホスピタリティーを!
・あいちトリエンナーレ2010に向けたダンスパフォーマンスの取り組み  亀田恵子
・〈ルポ〉:制作の現場―渡辺英司「言えなさの壁」  増田千恵
・共催企画&並行企画ピックアップ:
 「往還」の可能性を求めて 七ツ寺共同スタジオプロジェクトのコンセプト  二村利之
 「ザ・風景―変貌する現代の眼」「時の遊園地」  井口智子
 「石上純也展」  能勢陽子
・あいちトリエンナーレ存続の方程式~市民性育てるアゴラへ~  井上昇治
・あいちトリエンナーレ2010徹底攻略ガイド
・戦後名古屋の現代美術史入門
 【第1章】1945~69年 中部の美術水脈  三頭谷鷹史
 【第2章】1970~79年 自主的な活動の場に向けて  中村英樹
 【第3章】1980~85年 名古屋市美術館開館前夜:80年代前半、逸脱する場と作家の力  高橋綾子
 【第4章】1986~89年 国際化する名古屋の現代アートシーン―1980年代末を中心に  山脇一夫
 【第5章】1990~99年 地域コンプレックスを超えて:美術館、ギャラリー、そしてオフ・ミュージアムの動向  高橋綾子
 【第6章】2000年~ 名古屋、現代アート:90年代後半からゼロ年代へ  小西信之

○批評
・設楽知昭の絵画 表現することの寄る辺無さについて(承前)  中井康之
・文字と絵画 アジア的なものによって普遍へと至る  山脇一夫
・絵画の暇、あるいは絵画の今―「絵画の庭」の後先  鈴木俊晴
・岡崎乾二郎プロスペクティヴ  石岡良治
・桑山忠明―絵画空間再考  黒岩恭介
・追悼:「天命反転」の継続性―それでも荒川修作は死んでいない  馬場駿吉
・追悼:「死なないための葬送―荒川修作初期作品展」に寄せて  平林 恵
・追悼:針生一郎さんをしのぶ  中村英樹

○レビュー
・白髪一雄――日本と世界のあいだで 「白髪一雄展―格闘から生まれた絵画」  大島徹也
・村瀬恭子 Fluttering far away  林 洋子
・第14回アートフィルム・フェスティバル  尾辻里音
・久野利博「立ち現われる空間」「Untitled 2010 February」  土生和彦
・すきなものをすきなように 坂井範一展  廣江泰孝
・三輪美津子 MITSUKO MIWA 1985-2009  金井 直
・シュウゾウ・アヅチ・ガリバー EX-SIGN展  坂上しのぶ
・川端健太郎展  井上隆生
・吉田晴弥展 Atomic Orchesta  原沢暁子
・やきものの現在 土から成るかたちⅥ  村山 閑
・今村哲個展「いない」  金井 直
・ファン・デ・ナゴヤ美術展2010「On The Planet~私たちはこの惑星で生きてゆく~」  日沖 隆
・Toyota Art Competition―とよた美術展2010  河田亜也子
・花開くコリア・アニメーション  越後谷卓司
・大崎のぶゆき展 "Portraits of mirror"  田中由紀子
・赤塚祐二展  千葉真智子
・真島直子展  原田 光
・與語直子/グラナダ展  山本さつき
・伊村俊見展  佐野素子
・みかんぐみ佐久島弘法プロジェクト  武藤 隆
・鈴木省三展  宮田徹也
・遠藤俊治「シンプルライフ」展  今野綾花

Rear24r

|

« 第23号「アート/アニメーション」 | トップページ | 第25号「橋本平八に就て」「あいちトリエンナーレ2010について」 »

バックナンバー」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098922/47825852

この記事へのトラックバック一覧です: 第24号「I(ハート)あいちトリエンナーレ」  在庫なし:

« 第23号「アート/アニメーション」 | トップページ | 第25号「橋本平八に就て」「あいちトリエンナーレ2010について」 »