« 第26号「写真のドキュメンタリズム」  在庫なし | トップページ | 第28号「劇場はだれのもの?」 »

2012年3月28日 (水)

第27号「批評家はどこにいるのか」  在庫なし

第 27号
2012年 3月28日 発行 450円(本体価格)

在庫なし

○特集1 「批評家はどこにいるのか」
・〈座談〉:沢山 遼、野田吉郎、星野 太  美術をめぐる言論の現在と美術批評の可能性
・〈エッセイ〉:内からの目/外からの目――批評する視点  中村英樹
・高松次郎と「影」の論争――予備的スケッチ(Ver. 1.5)  土屋誠一
・〈年表〉:出版にみるゼロ年代の批評活動
・作曲家による批評:技法論/演奏論/メタ批評  水野みか子
・音楽と対話する  池田 康
・〈エッセイ〉:批評と制作  山本さつき
・〈エッセイ〉:批評家を育てていること――美術館学芸員  天野一夫

○特集2「現代陶芸と造形」
・バイオモルフ─陶芸の有機的抽象表現  渡部誠一
・〈レポート〉:対談「作家の見た小川待子」李禹煥×小川待子 『二つのはじめの一歩』  安藤雅信
・小川待子展を見て――「水の記憶」とは  市川政憲
・オフロードとガラパゴス  正村美里
・何をめざすのか――第9回国際陶磁器展美濃を問う  井上隆生

○批評
・〈アーティストトーク〉:イケムラレイコ×松本 透  イケムラレイコ うつりゆくもの
・THERMOMETERS SHOULD LAST FOREVER――エドワード・ルーシェイの液体語(後編)  イヴ=アラン・ボワ/近藤 学[訳]
・観光と現代美術――ヴェネツィア・ビエンナーレ第54回国際美術展  藤川 哲
・繰り返すポロック  尾崎信一郎
・「菊畑茂久馬 回顧展 戦後/絵画」  熊谷伊佐子
・洞窟の出口へ――『世界制作の方法』展に寄せて  岡本源太
・「二重に出歩くもの」展 世界を〈つなぐ〉関係性としての裂け目  松田 愛

○レビュー
・オンド・マルトノ・コンサートとコラボレーション・ダンス公演  山本裕之
・オンド・マルトノ・コンサートとコラボレーション・ダンス公演『プロメテウスの光』 抗う者たちからの挽歌  亀田恵子
・第5回AACサウンドパフォーマンス道場公演  北條知子
・ユーモアのすすめ 福田繁雄大回顧展  川田都樹子
・松井紫朗 亀がアキレスに言ったこと―新しい世界の測定法  関 昭郎
・画家たちの二十歳の原点  三頭谷鷹史
・抱きしめたい! 近代日本の木彫展  飯田 真
・名古屋市民芸術祭2011主催事業「simple things」  日沖 隆
・池水慶一 毛深き人たち―東山動物園の ゴリラたち  山脇一夫
・イコノフォビア―図像の魅惑と恐怖―  副田一穂
・小俣英彦展“silence”/濱田富貴展“なりたち”  馬場駿吉
・佐分 眞―洋画界を疾走した伝説の画家―  吉田俊英  
・呼びとめられたものの光  林 洋子
・佐藤香菜展「サンクチュアリ」  大島徹也
・きそがわ日和2011  田中由紀子 
・松浦寿夫展  吉田映子
・伊藤正人展「Corridor」  秋庭史典
・ライフレヴューアート 杉山健司+浅田泰子展の新しい地平  鈴木敏春
・山内亮典個展/鈴木雅明展/田口美穂展  増田千恵
・岡川卓詩展  拝戸雅彦
・栗本百合子展 the clay cellar―heart―  井上昇治
・武豊アニメーションフィルムフェスティバル(TAFF’12)  越後谷卓司
・「大名古屋電脳博覧会」を受け止められるか  水野勝仁
・池 奈千江展  土屋麻美  
・仏流、韓流アニメ、どうでしょう!?  尾辻里音

○トピックス


Rear27

|

« 第26号「写真のドキュメンタリズム」  在庫なし | トップページ | 第28号「劇場はだれのもの?」 »

バックナンバー」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098922/44816670

この記事へのトラックバック一覧です: 第27号「批評家はどこにいるのか」  在庫なし:

« 第26号「写真のドキュメンタリズム」  在庫なし | トップページ | 第28号「劇場はだれのもの?」 »