« 第27号「批評家はどこにいるのか」  在庫なし | トップページ | 第29号「音をめぐる論考」「彫刻・作家・作品論」 »

2012年10月10日 (水)

第28号「劇場はだれのもの?」

第28号

2012年10月10日発行 450円(本体価格)

在庫あり(2016年5月現在)

○特集「劇場はだれのもの?」
・〈インタビュー〉:衛 紀生  “人間の家”としての劇場――文化は積極的な福祉である  聞き手:林 健次郎
・〈リレーエッセイ1〉:住民参加:良き相談相手として 上瀬雅子  
・日本における「劇場」の概念  大月 淳  
・〈リレーエッセイ2〉:劇場サポーターが劇場スタッフになった  籾山勝人
・〈インタビュー〉:「劇場」の再定義と根拠法  鈴木 寛  
・劇場法~課題と展望  星野 学  
・〈リレーエッセイ3〉:行政と住民の“協働”責任を持つ町民へ  高橋洋子  
・劇場ボランティアをこれからどうみるか  大保和巳  
・〈リレーエッセイ4〉:地域のオーケストラとの連携  浅野芳夫  
・〈インタビュー&レポート〉:レパートリー:地域の財産として  松井憲太郎  
・〈リレーエッセイ5〉:アウトリーチの後にあるもの  薮田哲也  
・劇場主列伝1:宗次徳二 クラシック音楽普及を信念に  早川立大
・〈リレーエッセイ6〉:助成金とアーツカウンシル  薫田八郎  
・劇場の可能性?  港 大尋  
・公共空間はどうあるべきか~「劇場の可能性?」解題と応答~  大島寛之  
・劇場主列伝2:二村利之 七ツ寺共同スタジオという「生き方」の将来  海上宏美
・〈リレーエッセイ7〉:新しい劇場をつくる  上栗陽子  
・創造する劇場へ  清水裕之  
・〈リレーエッセイ8〉:複数のホールは輝くか~市町村合併を越えて~  佐藤美子  
・〈インタビュー〉:原 智彦  「自然」に導かれる場  聞き手:磯村美沙希
・劇場主列伝3:森田太朗 人生の歩みは、必然にむかって流れゆく  亀田恵子
・〈リレーエッセイ9〉:指定管理はサービスの競争、人材の競争  大島千枝  
・地域の劇場文化を日本の顔に  永井聡子
・〈リレーエッセイ10〉:ホール運営は人材運営  林 健次郎  
・〈関連年表〉:東海地域の劇場設立年と主な批評誌

○批評
・レター・レイサーズ――ラメルジーと武装文字の空気力学  大山エンリコイサム
・1937年の長谷川利行 一人称絵画、光りてすべる水すまし  関 智生
・東南アジアの陶芸家たちと中国の陶芸村構想  村山 閑

○レビュー
・第6回円空大賞展 大地との共鳴 創造の原風景  熊谷伊佐子
・山本糾 光・水・電気  山本和弘
・野口里佳「光は未来に届く」  中村史子
・460人展  金井 直
・加藤久仁生展  越後谷卓司
・彫刻を聞き、土を語らせる 西村陽平展/西村陽平が出会った子どもたち展  鈴木敏春
・魔術/美術―幻視の技術と内なる異界―  木村絵理子
・牧ゆかり展  宮永郁恵
・ジョセフ・ナジ「カラス/Les Corbeaux」  安住恭子
・伊藤誠  鈴木俊晴
・第16回アートフィルム・フェスティバル  酒井健宏
・井田照一展―土に挑む―  井田照一の版画|ほか  青木正弘
・愛知県文化振興事業団プロデュース 第10回AAF戯曲賞受賞作『どこか行く舟』  二村利之
・花開くコリア・アニメーション2012/プレイベント  尾辻里音
・自然線人工線 眞板雅文展  浅野泰子
・占部史人個展「浮寝の旅」/占部史人ワークショップ「時間旅行―ブリキの車にのって」  石田喜美
・アール・ブリュット・ジャポネ  森田靖久
・杉戸 洋 the orange tree  千葉真智子
・「現代美術展inとよはし」  原 舞子
・設楽知昭「毎日、尻尾を食べていた」  梅津庸一
・村上 綾 展 Momentary Landscapes  宮永郁恵
・奥村雄樹《ジュン・ヤン 忘却と記憶についての短いレクチャー》上映会+トーク  石崎 尚
・みえるもの/みえないもの  真武真喜子
・マーク・パルスフォード展 「人の輪郭を描いた光の線画」が示すふたつの起源  水野勝仁
・森岡完介版画展 ―熊野シリーズ―  村田眞宏
・やきものの現在―土から成るかたち―partX  大長智広
・押忍!手芸部 と 豊嶋秀樹『自画大絶賛(仮)』  大橋広子
・後藤昭夫 回顧展 1960年代を中心として  高橋綾子

○トピックス

Rear28


|

« 第27号「批評家はどこにいるのか」  在庫なし | トップページ | 第29号「音をめぐる論考」「彫刻・作家・作品論」 »

バックナンバー」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098922/47825433

この記事へのトラックバック一覧です: 第28号「劇場はだれのもの?」:

« 第27号「批評家はどこにいるのか」  在庫なし | トップページ | 第29号「音をめぐる論考」「彫刻・作家・作品論」 »