« REAR31号「震災とミュージアム」 | トップページ | REAR33号「弥衛さん」 »

2014年8月16日 (土)

REAR32号「本をとどける」

REAR32号

2014年8月20日発行 450円(本体価格)
ISBN978-4-907210-32-8

在庫あり(2016年10月現在)

○特集「本をとどける」
・〈対談〉:菊地敬一&古田一晴  本をとどける―芸術と通俗という葛藤の中で
・〈コラム〉:ぼくたちの時代  島田潤一郎
・〈コラム〉:本を配達する――二年目の取次  川人寧幸
・〈インタビュー〉:鈴木 宏  ~知の方向を示す出版社~「読む」ことは考えること
・〈コラム〉:時代を超えた「出会い」づくり―データベース「ざっさくプラス」の構築を通して―  晴山生菜
・〈コラム〉:芸術系大学の図書館のささやかな試み  大橋基博
・最高を、丁寧に。――月刊「母の友」と「こどものとも」の歩みより  高松夕佳
・〈コラム〉:持つための本~記録と伝達と~  服部清人
・〈コラム〉:なぜ本を作るのか  千葉由美子
・名古屋豆本のゆめ  岡本信也
・〈コラム〉:アートブックにおけるインディペンデント・パブリッシングの現在  黒田義隆
・学術書と「地産地消」  橘 宗吾
・〈コラム〉:アーカイヴの「本」をとどける  橘川英規
・学術書への助成と出版における課題  栗田秀法
・〈コラム〉:BankART出版のDNA  池田 修
・いま、なぜヴァザーリなのか  森田義之
・〈コラム〉:イオスアートブックスの試み  筒井宏樹
・〈コラム〉:「もの」としての写真集の復刻  金子隆一
・伊藤廉『絵の話』  浅野泰子
・〈コラム〉:画集を編むこと――小学館・藤田嗣治画集の刊行を終えて  林 洋子
・アートとしての本を見る/考える  森田 一
・〈コラム〉:美術館と一体化した出版活動をスタート  森 陽子
・古本屋の窓から見上げる空模様  鈴木 創

○批評
・現代美術におけるリアリストたち―「驚くべきリアル」展と「手探りのリアリズム」展より  大澤慶久
・トータル・リコール――羽永光利の仕事  羽永太朗
・「グループ『幻触』と石子順造 1966-1971」展を巡って  尾野正晴
・「東北記録映画三部作」とその先に ―濱口竜介試論―  越後谷卓司

○レビュー
・加藤松雄個展「相補する抽象と自然」  日沖 隆
・親子で楽しむアートの世界 遠まわりの旅  澤渡麻里
・この社会に漂う「放射能」 愛知芸術文化センター・オリジナル映像作品第22弾 『放射能』監督:舩橋淳  中沢あき
・荒木経惟 往生写集―顔・空景・道  中村史子
・井上洋介図鑑展―漫画、タブロー、絵本―  丸地加奈子
・第7回円空大賞展 受け継ぎ挑む 独創の表現者たち  大長智広
・ハイブリッド・ミュージック/AACサウンドパフォーマンス道場 特別講演  山本裕之
・ア・ターブル!―ごはんだよ!食をめぐる美の饗宴―  古屋梨奈
・増山たづ子 すべて写真になる日まで  楠本亜紀
・はしもとみお展 動物たちからの手紙  高橋秀治
・ボーダレス・アート・コレクション―芸術がほどいてゆく境界―  森田靖久
・第一回瀬戸・藤四郎トリエンナーレグランプリ受賞者展「田中良和展」  村山 閑
・清須ゆかりの作家 鳥羽美花展 時空を超えて―辿りついた場所より  柴辻政彦
・APMoA Project, ARCH vol. 9 山内崇嗣「くるみの部屋」  牧野駿吾
・日比野ルミ展 ‘Let There be Light’  高北幸矢
・横内賢太郎 展 Between the Lines  吉田映子
・「朽―残骸の美学―」水野シゲユキ展  都筑正敏
・ファン・デ・ナゴヤ美術展2014 虹の麓―反射するプロセス―  副田一穂
・金澤麻由子『動く絵』  原 久子
・Moosic in 中川運河  平田哲生
・今村文の、蜜蝋による花の絵画 今村文「絵という肉体を持った幻」  和田浩一
・Transfer Land 渡される(移される)土地(世界)  石崎 尚
・思春の森 尾野訓大 個展  惣城友美
・現代いけばなの最前線 花いけLIVIZM 花道家 上野雄次の花いけ ライブ・パフォーマンス  鈴木敏春
・小川健一 新作展  山本さつき
・山本一弥 展 相似の庭III  三井知行
・久米亮子展 ―window―  喜田早菜江
・城戸保「ある風景」  鈴木俊晴

○トピックス

○バックナンバー

32_cover


|

« REAR31号「震災とミュージアム」 | トップページ | REAR33号「弥衛さん」 »

バックナンバー」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098922/56996840

この記事へのトラックバック一覧です: REAR32号「本をとどける」:

« REAR31号「震災とミュージアム」 | トップページ | REAR33号「弥衛さん」 »