« REAR41号「追悼:大きな岩田信市」 | トップページ

2018年11月 9日 (金)

REAR42号「透明なまなざし、蒸留する手」

REAR42号

2018年10月31日発行 本体600円
ISBN978-4-907210-42-7

○特集【透明なまなざし、蒸留する手】

・佐藤慶次郎 中学生のように純粋だった求道者  対談:高橋アキ+石川喜一
・初女さんの手  高橋昌紀
・なすの切り口にみる、知識と経験  山城大督
・蒸留所を訪ねて  志水 佑
・豊穣なる時  半田滋男
・渡辺好明先生「zeit / LICHTE 光ではかられた時」  岩間 賢
・蝦蟇屋敷のお引越し  青木野枝
・とてもスズメには追いつけない 西江雅之インタビュー  港 千尋
・栗本百合子の作品をめぐる覚書  石崎勝基
・栗本百合子さんを追悼して  D.D.(今村 哲/染谷亜里可)
・栗本百合子―とどめた3つの空間  タン・ルイ
・栗本さん  木村充伯
・ちゃんとした作品  杉山健司
・栗本さんの地層―y.aの場合  浅田泰子
・Photo Essay  怡土鉄夫

【批評】
・ポスト―もの派―以降は終わらない? 彫刻論の連続と展開   土方浦歌
・ピエール・シェフェール――ミュジック・コンクレートへの道(その3)  水野みか子
・版画の景色 現代版画センターの軌跡  栗田秀法
・『寿歌』の描く核戦争後の世界は「未来の記憶」と言えるだろうか  海上宏美
・追悼・藤枝晃雄 冷笑と福音のテーブル――藤枝批評を保全した「語り」の領域  上田高弘

【レビュー】
・モダニストの日本美―石元泰博「桂」の系譜  川島智生
・ビルディング・ロマンス―現代譚を紡ぐ  熊谷充紘
・織り目の在りか 現代美術 in 一宮/尾州の起点/尾州の起点(み)  野田路子
・真島直子 地ごく楽  光田ゆり
・発光体としての絵画  長谷川利行展 ―藝術に生き、雑踏に死す―  天野一夫
・開館40周年記念企画展「瀬戸陶芸の黎明―創作の源流を辿って―」  井上隆生
・驚異の超絶技巧! 明治工芸から現代アートへ  坂上しのぶ
・セシル・アンドリュ "DÉ-COMPRESSION"  高見翔子
・鏡と穴―彫刻と写真の界面 vol.6 柄澤健介  近藤亮介
・加藤訓子(パーカッション)×平山素子(ダンス)『DOPE』  亀田恵子
・展覧会のパンフォーカスとアウトフォーカス  写真的曖昧  木村絵理子
・フジイフランソワ展 はなから さらさら きにならぬ  原 舞子
・齊藤大二「Color and form」  今泉岳大
・田中藍衣|長田沙央梨 明るいアイロニー  副田一穂
・あいちトリエンナーレ大学連携プロジェクト 批評する身体:メディアと社会と表現と  浅井雅弘
・花と蛞蝓 今村 文 展  千葉真智子
・青田真也 よりそうかたち  江上ゆか
・小松浩子「限界非効用」  楠本亜紀
・池奈千江 remind  鈴木俊晴
・ふるかはひでたか ~医薬経済の表紙絵~  安井海洋
・吉田葵個展 in line with  貴家映子
・加藤英人展  高橋秀治
・小栗沙弥子「RECENT WORKS」  西田雅希
・池田巖 ―意識の乖離―  三井知行
・開廊20周年記念〈第5弾〉 小澤香織展「entangled」  可児光生
・鈴木雅明「複数から成るもの」  和歌由花
・鈴木優作「Invisible man」  鈴木敏春

○トピックス

○バックナンバー
42_cover_2

|

« REAR41号「追悼:大きな岩田信市」 | トップページ

バックナンバー」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1098922/74502027

この記事へのトラックバック一覧です: REAR42号「透明なまなざし、蒸留する手」:

« REAR41号「追悼:大きな岩田信市」 | トップページ